晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

異世界魔法は遅れてる! 2

異世界魔法は遅れてる! 2 (オーバーラップ文庫)

異世界魔法は遅れてる! 2 (オーバーラップ文庫)

 

黎二たちと別れ、王都に降り立った水明は冒険者ギルドに向かう。そこで出会ったレフィールと共に帝国に向かう商隊の護衛任務を受けることになる。

 

今回は前巻とは少し趣を変えたように思った。

俺TUEEE要素もあるのだが、魔族という敵に対して魔術の効きが悪くて困惑する水明。

魔法と魔術の差異を検証しつつ割りと本気で対処していく。レフィールという水明の過去に、父親の願いに重なる少女を見て、慎重だった水明に変化が現れる。

最後には水明のあんなに熱い戦いが見れるとは思わなかった。非常に良かった。

黎二サイドも進みながら、裏で水明を囮にする作戦が取られていたりと、黎二がこれにどう対処するのか楽しみ。

次巻他の勇者も出てくるようで楽しみ。