晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? 2

人々が竜人の支配に怯える大陸で、圧倒的な剣技とシノビ特有の異能“忍法”で氷竜を倒したサビトは、運命共同体となった少女剣士メルと竜を狩る旅に出ていた。訪れた街ナトゥアで、メルはウェイトレス、サビトは兵士団として離ればなれで次の敵の情報収集をすることに。分かったのは、3年も竜の襲撃が絶え、兵士ですら緊張感を欠くこの街の異常さだった。メルが黒髪の同僚、シノと仲良くなる程には街に馴染み始めた頃、次の竜の手がかりとなりそうな“神隠し”の噂を耳にするが…?街を覆う偽の平和が破れるとき、ニンジャが立ち上がる!

「いいじゃないですか、久し振りなんだから」

人類反抗バトラブ活劇第2幕、サビトと会えないメルの不満爆発でラブも爆発!?

 

安定のラブコメ具合としっかりとした戦闘が両方楽しめて素晴らしい。

竜人も色んなタイプが居て面白い。

サビトとメルの関係がなんとも言えなくいい感じ。メルは夫婦になったからイチャイチャしたいんだけど、サビトはそれに答えてくれないと。

そんな関係もサビトの幼なじみでありライバルであるアトリの登場で少し変化が。サビトの不器用な感じ好き。

新たな竜人と戦う訳だがやっぱりメルの能力は便利すぎないか。

さて複雑な三角関係になったサビト、メル、アトリがこれからどうしていくのか楽しみ。次巻も期待。