晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ラン・オーバー

ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)

ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)

 

湊里香が転校してきてから、クラスは一変する。いじめのターゲットにされても動じない彼女はあるとき伊園を呼び出した。湊に秘密を知られた伊園は、言われるがまま同棲生活をスタートさせる。不思議な彼女は伊園にあることを提案する。それはいじめのリーダーカップルに反撃すること。はじめは気乗りしなかった伊園も、次第に湊の意見に賛同するように。いじめのターゲットの原を巻き込み、三人の過激な反乱が始まが、湊の本当の目的は誰にも想像がつかない恐ろしいものだった……。

第4回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。

 

問題作と謳われ、カテゴリエラーと聞いて購入したこの作品。その評価は妥当。

しかし面白さは本物だと思った。そりゃこの内容で出版されるくらいだから力がないと無理だよな。

端的にいうといじめっ子たちに反撃していくという内容だが、主人公はいじめられっ子ではなく傍観者に徹していた少年。

またこの伊園がくせ者で手癖が悪くスリの常習犯で、スッた車の鍵を使って勝手に車乗り回したりとかなりヤバイ。

その伊園のクラスに転校してきたのが湊里香。この少女が起爆剤となりこのクラスが崩壊していく。

カテゴリエラーと言われているが、主人公は女の子に弱みを握られ家に押しかけられて一緒に住むことになったり、ご飯作ってもらってたり、一緒にラブホ行ったりとラノベしてる()

最初は弱みを握られて湊に協力する伊園だがたがが外れてからは率先して復讐を行う。

そんな2人に巻き込まれたいじめられっ子の原。彼の壊れようが一番可愛そうではある。結局伊園に脅されるような形で参加してぶっ壊れたからな。

密室の教室での狂気はひたすら恐ろしい。

この作者がこのヒロインみたいな子が好きというのは結構分かる。可愛いよね。こう好きだと言ってくれて、掴みどころがなくて、どこかへ行ってしましそうな。

最後には本当に恋愛してたし、何より伊園と湊が幸せそうでなにより。

評価は分かれそうな気がしますが、個人的には大好きな作品です。

もう少し原がいじめられてる描写があったりキャラの掘り下げもあったらよかったかな。

新人賞らしいスピード感と暴走力が感じられ凄く良かった。

こういう作品はもっと出てきてもいいんやで。