読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

妹さえいればいい。2

感想 ガガガ文庫
妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

 

妹バカの小説家・羽島伊月は、人気シリーズ『妹法大戦』最新巻の執筆に苦戦していた。気分転換のためゲームをしたり混浴の温泉に行ったりお花見をしたり、担当への言い訳メールを考えたりしながら、どうにか原稿を書き進めていく伊月。彼を取り巻く可児那由多やぷりけつ、白川京や義弟の千尋といった個性的な面々も、それぞれ悩みを抱えながら日々を生きている。そんな中、伊月の同期作家で親友・不破春斗の『絶界の聖霊騎士』のテレビアニメがついに放送開始となるのだが―。妹と全裸に彩られた日常コメディ、第2弾登場!!

 

ラノベ作家の日常(?)第二弾。

相変わらずぶっ飛んだ生活をしていて楽しそう。

いつものごとくゲームとしたり、ぷりけつ先生とおしりを見るため混浴に行ったり、締め切りから逃げ出したり、そして春斗のアニメが放送されたり。

今回はぷりけつ然り春斗然り、土岐さん然りと男人の活躍(?)が目立った。

ぷりけつ先生には脱帽。流石のケツへの愛。

アニメ化の失敗はつらい……。一応どこも傷つけないようにしてるのは流石。

編集って大変なんだなと伊月とかぷりけつとか見てると思うw

京は相変わらずの可愛さだが、なんか色々心配になってくるな。押したらいけそう()

千尋はいい通い妻過ぎて我が家にも欲しい。

那由多もおかしな娘だけどなんだかんだ可愛いんだよな。

個人的にTRPGのとこはリプレイでやってくれという感じで割と読み飛ばしてしまった。

全体的にはほのかに感じる毒とか、やたらめったら出てくる他作品の名前(レーベル問わず)とかは流石平坂さんだなといった感じ。

さて、ぷりけつが千尋の尻に惚れたり、春斗が京に惚れたようで、これから恋愛的にもひと波乱ありそうで楽しみ。

千尋の小隊もいつバレるか非常に楽しみ。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com