晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

異世界迷宮の最深部を目指そう 4

異世界迷宮の最深部を目指そう 4 (オーバーラップ文庫)

異世界迷宮の最深部を目指そう 4 (オーバーラップ文庫)

 

―戦いは終わった。少年は休息を経たのち、命の恩人であるパリンクロンの協力によって、冒険者ギルド『エピックシーカー』のギルドマスターとなる。妹のマリア、竜人のスノウと共に平和な時間を過ごしていく、足りないものは何もない幸せな日々―。だがそんなある日、少年は仲間だと名乗る二人の少女、ラスティアラとディアに出会う。「初めまして、僕はアイカワ・カナミです」運命の新章を切り開く異世界迷宮ファンタジー、第四弾!

 

記憶を改ざんされ、マリアを妹として認識し、パリンクロンの協力で冒険者ギルド『エピックシーカー』のギルドマスターになる。サブマスターのスノウと共にマリアのためギルドのためにギルドマスターとして頑張るお話。

ラスティアラとディアがカナミと再会した時にディアが壊れそうになってラスティアラは怒ってる辺り。そしてディアはパリンクロンを襲撃してる辺りでディアのぶっ壊れ感とラスティアラが結構まともなのが面白い。

カナミはどんどんと強くなり、スノウと共に迷宮を進んでいく。更にローウェンとリーパーが登場。ローウェンに手ほどきを受けながら更に迷宮を踏破していく。

そんな中スノウの婚約の話が持ち上がる。ここでスノウの本領発揮。もともと人生に諦めた感じの無気力でカナミに寄りかかっている姿が可愛かったスノウだが。グレンからカナミとの結婚の話が出た途端、豹変する。一気に依存一直線の情けなく弱い面が表面に出てくる。もう可愛い。可愛くて仕方ない。

さて問題は山積みの中(いつものこと)武闘大会が近づく次巻も楽しみ。

鵜飼さんのイラストは毎回のごとく美しすぎる。最高である。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com