晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4)

北域での過酷な戦争を生きぬき、多くの犠牲を払いながらも生還したイクタたちを待っていたのは、厳正なる軍事裁判だった。そして裁判のあとに開かれた軍議で、サザルーフは、イグセム元帥やレミオン大将といった高官たちに、ある突飛な要請を提案する。実はそれは、密かにイクタから託されたもので―。やがて帝国騎士の少年少女たちは、複雑な内政問題や激しい海戦に巻き込まれていくことになる…。話題沸騰の本格ファンタジー戦記、第4巻。これまでとは異なる戦いに立ち向かうイクタたち。その奮闘に注目せよ!!

 

今までの過酷な戦争に比べればノンビリとした溜め回。

軍事裁判、イクタたちが向かったマシューの実家などで散見される政治の闇。貴族皇族になんの期待もしていない民。そしてそのしわ寄せは全て軍人がという状況。思っていたよりひどい。

ぽるみんなんて萌えキャラなんだ。こういう時のイクタの強さは異常だな。鬼畜すぎるw

新たな海戦という舞台でイクタたちがどう活躍していくのか次巻も楽しみ。

イクタの受け取った物、イグセム元帥とレミオン大将の考え方のズレ、ちゃくちゃくと伏線が張られていくな、期待。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com