晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

弱キャラ友崎くん Lv.1

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

 

人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、人生は神ゲーと言いきった。生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵。挙句、「この人生のルールを教えてあげる」だって?……普通はそんなの信じない。だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ!第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!

 

人生ハードモードの主人公が人生を神ゲーとのたまうヒロインに指導を受けながらリア充を目指す、どんな人間も努力次第で人生どうにでもなるという話。

リア充の世界って本当にあんなのなのかという恐怖感に怯えながら読んでいた。あそこまで努力しなきゃならないならもういいやと思ってしまう。 

中盤からは面白かったのだが序盤に気に入らないとこやなんだかな〜というところが多くてイマイチ入り込めなかった。具体的に言うとオフ会で会った時にいきなり罵倒してきたとことか、友崎くんが人生はクソゲーだと力説した後割りとあっさりとデレたとことか、表情、体格、姿勢の内体格はどうしようもないじゃねえか!とか。

割りとゲームっぽく女の子を攻略していく感じはものすごく好み。まだ本格的な攻略は行われてないけど、これから色々とありそうで楽しみ。

泉が可愛い。しかし中村……。というか中村のキャラもなんかようわからんかったけども……最後にはただのゲーマーになっていた。