晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

りゅうおうのおしごと! 6

りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)

 

なんて姉弟子に厳しい世界なんだ。そしてなんて姉弟子は可愛いのだろうか。つらすぎる。

女性初の奨励会三段に挑む姉弟子。そして新年云々、八一と弟子たちの物語。

にしてもこっちがしんどくなってくるような姉弟子。どうにか彼女を将棋星に辿り着かせてあげたい。どうにか幸せになって欲しい。

天衣は弟子としてすごい良いな。聞き手としても成立してたし、女流棋士になった記念の贈り物にも泣いて、手がかからないけど世話したくなる可愛い弟子だ。

若い天才が出てきたり、AIに触れたり、将棋ソフトに頼った棋士が現れたりと、新たな波乱が垣間見えて今後もすごい楽しみ。

将棋の神様は将棋星人ではなく地球人にこそ微笑むと、そう信じたい。姉弟子に幸あれ。