晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ワーウルフになった俺は意思疎通ができないと思われている 1

ワーウルフになった俺は意思疎通ができないと思われている 1 (HJ文庫)

主人公と現地人が意思疎通が全くできない状況で話が進んでいくという珍しい話。

知能が低いと思われているからこそ見えるヒロインの良さ。

最後には感動できる。素晴らしい。

比嘉さんの作品は外れないなぁ。

しかしこのタイトルであんまり売れそうな感じしないんだけど、どうなのかな。続きが読めることを願いつつ。

 

bookwalker.jp