晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

魔法科高校の劣等生(32) サクリファイス編/卒業編

魔法科高校の劣等生(32) サクリファイス編/卒業編 (電撃文庫)

とりあえず完結。

基本いつも通り。しかし、最後の一条と達也のオチはなんじゃいこれ。こういうオチ持ってくる感じの作品じゃなかったやん。

大きな盛り上がりはなし、まあ劣等生っぽいけども。

真由美さん出てこなくて俺は悲しい。

後日談であっさり解決したりしてたけど、続編等々楽しみ。

 

bookwalker.jp

 

 

 

 

で、一応完結ということで劣等生全体として少々。

この作品はマクロ的には面白いけどミクロ的にはそこまでという感じ。感覚的に戦記物が近い。

設定とか世界観、その世界がたどる道筋とかすごい面白い。しかし個々人の物語的には若干微妙感を否めない。

そういうイメージ。俺は好き。

達也と深雪婚約とか、達也VS十文字とかすげえわくわくしたな。割と無難な感じに落ち着くから微妙に消化不良になるんだけど。

そしてやっぱり1年生の時が一番面白かった。学校行事しっかりやってるのが面白かったよ。

続編では達也周りがもっと大きく動いて展開してくれたらなぁなんて。