晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

千歳くんはラムネ瓶のなか (4)

千歳くんはラムネ瓶のなか 4 (ガガガ文庫)

あまりにも青春。あまりにも眩しい。

こう、部活に全力で打ち込むって憧れるちゃう。

しかし、努力してるやつの足引っ張るgmはほんと腹立つ。

陽と千歳の絡み好き。陽はほんとかわいいなぁ。

陽と千歳がお互いに発破かけてるの好き。