晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

東京戦厄高校第72討伐班

東京戦厄高校第72討伐班 (ダッシュエックス文庫)

東京戦厄高校第72討伐班 (ダッシュエックス文庫)

 

人を捕食する災厄と言われる化け物が現れ人類の生活は一変する。災厄を討つものディザスター・シューターを目指す廻人はバランスの悪い落ちこぼれチームを組むことになる。

 

才能もありやる気もある主人公廻人だが、最弱でお荷物と呼ばれる迅引タイプだったがために落ちこぼれ扱いをされる。

そしてそんな廻人とチームを組むのは後方部隊のはずの復慈タイプのアリスとサポートする相手がいないし実戦で上手く動けない月佳、バランスの悪いチームながら工夫して上手いこと戦う姿が良い。

主人公の性格が結構子供っぽいというか暴走気味だが、誰よりも強くなるという思いが強く真っ直ぐで好感が持てた。ヒロインが2人ともそれぞれの悩みで立ち止まる中、廻人は失敗してもどんどん突き進むそんなとこにも現れていた気がする。

ガンガン突き進む廻人を2人がなんとかサポートするという感じで、かなりいいチームに成長していた。それぞれが1人では活躍できない中、協力して敵を倒す展開は熱い。

次巻も楽しみ。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com