読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁

この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁 (角川スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁 (角川スニーカー文庫)

 

魔王軍幹部の討伐報酬として大金を手にし、悠々自適の生活を送るカズマたち。そんな中一人浮かない様子のダクネスは、大物賞金首のモンスターを倒しに行こうと言い出したかと思えば、ついには突然、姿を消してしまう。「お前達とは、もう会えない。本当に勝手な事だが、パーティーから抜けさせて欲しい」残された手紙に3人が落ち込む中、ダクネスが領主と結婚するという噂が流れ―。仮面が笑い、大金が舞う。はたしてその結末は!?

 

ダクネス可愛いよダクネス!

ダクネス回。パーティを抜けると書き残しカズマたちの元から姿を消したダクネスだったがダクネスと領主との結婚が噂されカズマたちは彼女を救うため動き出す。

今回ばかりはカズマもアクアもめぐみんも割りと真面目に助けようと奮起する。

屋敷に忍び込んだカズマとダクネスの会話好きだな。ダクネスはちゃんとした貴族らしいというか自分1人で背負い込むからな。他の冒険者たちの優しさもといノリの良さも身にしみた。

今回はバニルが結構活躍してたな。ついでに言うとゆんゆんも出番あってよかった。

カズマに買われ、一瞬でバツイチになったダクネス。まあバツイチというか未亡人だね、エロい。可愛い。

次巻はアクシズ教団VSエリス教団ということで面白くなる予感しかしない。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com