晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

不戦無敵の影殺師3

不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)

不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)

 

この妙に現実感のある異能力者たちが何とも言えない哀愁を感じさせてくれて面白い。。
今回は本格的に異能バトルする。最強という支えをいとも簡単に崩され弱気になる朱雀と、また小手毬はすれ違うが今までの経験で少し成長したのかなと感じた。
やっぱ万里がくそカッコいいんだよな。最後に見せた弱さや、親しげな部分もまた良かったけど、個人的には最後まであの強い滝ヶ峰万里で居て欲しかった気も…。
綺麗な終わりだったから完結かと思いきやまだ続くということで安心した。

時間も楽しみである。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com