晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

【連動企画】今年デビューした注目の新人ライトノベル作家

今回は夏鎖芽羽さんにお誘いいただき『今年デビューした注目の新人ライトノベル作家』ということで連動企画として記事を書かせていただきます。

参加者は夏鎖芽羽さん、よっちさん、みかこさん、村人さん、そして僕です。

 

◯選出条件 

・対象は2015年1月から今日まで発売された作品の中から選出。

・その期間の中でデビューしたライトノベル作家さんを対象。

・商業でデビューしたことがある方は除く。

・新人賞経由でも、拾い上げでも、なろう書籍化でもあり。

新潮文庫nexや富士見L文庫などのライト文芸も含む。

 

◯他の参加者

夏鎖芽羽さん→本達は荒野に眠る~まだ見ゆ最果てへ~

よっちさん→読書する日々と備忘録

みかこさん→晴れたら読書を

村人さん→働きたくない村人のラノベ日記

 

 

では記事本編です。

今年は結構新人作家のデビュー作を読んだ印象でしたし、30作以上読んでました。これからも新人発掘には勤しみたい所存です。

という訳でそんな新人ライトノベル作家の中で注目している作家さんを5名あげました。

 

◯椎田十三 

いでおろーぐ! (電撃文庫)
 

第21回電撃小説大賞<銀賞>受賞作『いでおろーぐ!』でデビュー。『いでおろーぐ!』はアンチ恋愛ラブコメとして恋愛を否定する演説を行ったりする一方、結果的にイチャイチャするという甘い作品。まあ女の子が可愛く書かれている。アンチ恋愛の演説も素晴らしい。まだまだ続くことを期待してます。

いでおろーぐ! - 晦日の夢でラノベを読む

 

◯稲庭淳

ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)

ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)

 

第4回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作『ラン・オーバー』でデビュー。『ラン・オーバー』は過激ないじめの復讐を描く作品。新人賞らしく尖っていて非情に面白かった。むしろよくこれを出したなという印象すらある。今後も尖った作品に期待したいところ。

ラン・オーバー - 晦日の夢でラノベを読む

 

◯空上タツタ 

路地裏バトルプリンセス (GA文庫)

路地裏バトルプリンセス (GA文庫)

 

第六回GA文庫大賞《優秀賞》受賞作『路地裏バトルプリンセス』でデビュー。『路地裏バトルプリンセス』は路地裏で行われる格闘戦《血闘》を舞台とした作品。格闘戦の熱さはさることながら女の子もすごく可愛い作品。あと女装主人公も素晴らしい。

路地裏バトルプリンセス - 晦日の夢でラノベを読む

 

◯東龍乃助 

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

 

第9回MF文庫J ライトノベル新人賞からの拾い上げ(多分)で『エイルン・ラストコード』にてデビュー。ロボットもの。戦闘シーンで一部マンガを挟んだりとなかなか面白い試みもある。胸糞なところもあってその分、すごく熱くて盛り上がる作品になっていた。正直新人とは思えない面白さがあった。

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ - 晦日の夢でラノベを読む

 

◯尾地雫 

撃戦魔法士 (ガガガ文庫)

撃戦魔法士 (ガガガ文庫)

 
イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章 (GA文庫)

イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章 (GA文庫)

 

第9回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作『撃戦魔法士』でデビュー。また第7回GA文庫大賞・優秀賞受賞作『イレギュラーズ・リベリオン』も出版。『撃戦魔法士』は良くも悪くも平凡な印象でしたが、『イレギュラーズ・リベリオン』は落ちこぼれ部隊の隊長という一見よくある設定だがそれを超える魅力があった。過去と現在を行き来する構成も良かった。

撃戦魔法士 - 晦日の夢でラノベを読む

イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章 - 晦日の夢でラノベを読む

 

 

以上5名になります。

他にも注目したい新人ライトノベル作家さんはいるのですが、特に注目の作家さんをあげてみました。

 

今回こういう企画に参加させてもらうのは初めての経験だったので新鮮で楽しかったです。今後も機会があればこういう企画に参加してみたいですし、なんなら自ら企画したいくらいです。

他のライトノベルブログさんと共にライトノベルを少しでも盛り上げられたら嬉しい限りです。

 

では、新人ライトノベル作家さんたちの活躍を祈って。